シーサイド病院看護部は、「和顔愛語(穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接すること)」を実践し、患者様お一人おひとりに沿った安全で安心した看護・ケアの提供を目指しています。

   日本は、2025年団塊の世代が75歳以上になり、国民の3人に一人が65歳以上、5人に一人が75歳以上という、超高齢社会となります。介護医療院回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟、訪問看護を有する当院へのニーズと期待はさらに高まっていくことが予測されます。

  シーサイド病院看護部は、社会の変化やニーズに対応し、患者様やそのご家族、地域の皆様のいのちと生活を支え、納得していただける医療・看護・ケアを提供できるよう努めています。そして、患者様や地域の皆様が住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるよう、病院内外の多職種と連携し、病院と病院、病院と地域をつなぐ役割を果たしていきたいと思います。

看護部長

​河本 乃里

​Kawamoto Nori

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now